FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.23
Tue
●注意

 私は夢精の専門家でなければ夢精の研究者でもない学生です。医学的なことを知りたければ他のサイトをご覧ください。


●はじめに

 最近、某同人作品販売サイトを眺めていると、「夢精をするための音声」という旨の作品が見られます。作品にもよりますが1000DL以上されているものもあり、その需要が伺えます。
 かつては夢精といえば、回避するべきもの、できればやりたくないものというイメージだったと思うのですが、反対に、夢精をする人が羨ましい、夢精したいという人たちが増えてきたのかなと思います。
 私も、中学の頃から夢精に悩まされており、大学生の今でも夢精してしまいます。実家暮らしです。辛いです。パンツべたべたです。死にたいけど射精できなくなるくらいなら死にたくないです。
 夢精の対策で最もよくあげられるものは「オナ禁」「エッチなことを考えない」というものです。非常に馬鹿げています。人生の10割くらい損してるんじゃないかと思います。こんな事をして夢精を防ぐくらいなら逆に夢精と向き合って、今までのように性欲にまみれた日常を送った方がマシです。

 前置きが長くなりましたが、要するにたのしく夢精をしようということです。したがって夢精がやりたい人向けの記事です。


●夢精のメリット・デメリット

 夢精をするにあたって、ひとまずメリット、デメリットを確認しておきましょう。デメリットに耐えられないと判断したならば、素直に回れ右をしましょう。

[夢精の☀メリット☀]

・普段のオナニーでは得られない快感
・ただの自慰とは違う気持ち良さ
・いつもやるような自家発電にはないヘブン
・一人で寂しく手でシコシコしてティッシュに吐き出す行為とは比べられない心地よい射精感

 夢精のメリットはこれ1つしか無いと思います。


[夢精の☂デメリット☂]

・その日はパンツが使い物にならなくなる
・洗うのが面倒
・体内に貯めてきた精液を使ってしまう
・一度夢精してしまうと癖になってしまう
・旅行先や外出先で夢精してしまったら死ぬ
夢を覚えていないままの目覚め(朝起きたら何故かパンツがべちゃべちゃになっている)

 夢精をしたい!という人の多くが見落としているであろう部分が、最後の項目です。
 夢精をすること=夢の中で射精することができる
という認識は合っていますが、昨日見た夢を忘れることがあるように、夢精も忘れてしまうことがあります。
 夢を覚えている場合の夢精は最高に気持ち良いのですが、夢を覚えていない場合の夢精は、「何も覚えてないけどなんかパンツがべちゃべちゃしている」という最悪の目覚めになります。
 夢精をしたい!という人はこの事を頭に入れておいてください。
 ちなみに、夢精した後の下半身の不快感を減らし、後処理を少なくするためには陰毛の悌毛、脱毛が有効です。


●夢精するための準備

 さて、いよいよ夢精をするためのステップです。1つずつ見ていきましょう。

①数日間射精をしない

 夢精するためには(基本的に)射精をせずに精液を貯めなければなりません。もちろん抜いた後に寝たら夢精していたということもありますが、3日ほど射精をしていない状態での夢精のほうが確率的には遥かに高いです。
 そもそもこんな性質があるのに夢精への対策がオナ禁なんて馬鹿げています。夢精を回避したい場合は前日に抜く、というのが確実とは言い切れませんがオナ禁よりはよっぽどマシな対策になるのではないでしょうか。

②興奮状態を保ったまま眠りに落ちる

 ベッドに入ってエッチな妄想をしたまま値落ちします。イヤホンでエッチな音声を垂れ流しながら寝たり、乳首を弄りながら値落ち、射精する直前でオナニーを止めて、そのまま寝る。という方法も同様に有効です。
 よく、「うつ伏せに寝る」というものがありますが、私が夢精をする場合は殆どが仰向けに寝ています。うつ伏せに寝ようとすると呼吸がしにくく、かえってなかなか眠れなかったりします。うつ伏せで寝ることに関しては、余り関係ないのではないかと個人的に思います。
 ちなみに私は、シンガポールでの研修旅行の際、最終日前日まで煩悩を捨てなんとか夢精をしないようにしていましたが、その日寝る前にうっかり輿水幸子の画像を見て、TwitterにてSR+[自称・セクシー]輿水幸子のエロシチュを考えようと言われていたことを思い出してその妄想をしながら寝てしまい、シンガポールのホテルのゴミ箱にべちゃべちゃなパンツを投げ込む結果になってしまいました。みなさんも研修旅行など夢精してはいけない場所では注意してください。飛行機の中で射精しなくてよかったと思います。

③夢での展開

 それが明晰夢でなかった場合は、夢に身を任せるしかありません。できるだけエッチな展開になるように頑張りましょう。
 それが明晰夢であった場合は、ほぼ勝ち確です。ウイニングランです。射精する前に目が覚めないように願うのみです。
 自分でもよくわかっていないのですが、明晰夢と妄想の中間、周りは明るく現実のテレビの音がかすかに聞こえる謎のまどろみの中で、目の前に突然エッチなことをしてくる何者かが現れ、そのまま夢精をすることがあります。半分妄想、半分夢って体感ですが、夢よりもおぼろげで儚いです。夢精とはまた別の分類になるのかもしれませんが、身体に一切触れずに夢精のような独特の射精をすることができます。チャレンジしてみたいという方はそちらも試してみてください。Twitterやコメント欄で質問されたら、応えられる分は応えます。


●まとめ

♡ 夢精にはそれ相応のメリット(快感)・デメリットがある
♡ 夢精をするためには数日間の射精を我慢しよう
♡ 夢精したい夜は、寝る前にはエッチな妄想をしよう、エッチな音声垂れ流し、オナニー寸止めをしよう
♡ 夢精を嫌うのではなく、広い心で受け入れよう

何か質問や意見があれば当記事のコメント欄やTwitter:@henoimatsu までお願いします。
スポンサーサイト
[PR]


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://henoi.blog.fc2.com/tb.php/23-a4e43e6f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。